導入施設様の声

調剤薬局(ドラッグストアセキ併設)チューリップ薬局 戸田公園店 様

実感されている導入メリット・改善点

  • 1お待たせしないことで患者様の負担を軽減できる
  • 2これまでの待ち時間を有効活用していただける

チューリップ薬局 戸田公園店 様に
お話を伺いました。

体調の悪い患者様、そのご家族様の待ち時間を軽減するための施策

EPARKの「処方便」サービスを導入して数年経ちますが、ご利用いただいている患者様をお待たせする時間は確実に少なくなりました。具合の悪い患者様、特にお子様などをお待たせするのはご負担が大きいと感じていましたので、待ち時間がほとんどなくなったという成果を嬉しく思っています。

患者様も、運用側であるスタッフも、簡単に使えることが重要

iPadを使用するこのサービスは、操作もカンタンなので、導入時からスタッフ誰もが、問題なくスムーズに運用できています。患者様から処方せんメールが届き、受信した処方せんを確認して、順次、調合を進めます。お薬ができあがったら、「お薬ができました」メールをボタンひとつで送信するだけ。患者様はお薬ができあがってから来局されるので、待ち時間はありません。

スマホ世代に受け入れられやすい便利さで、リピート利用も目立つ

若い核家族の世帯が多い地域柄からか、お子さんがいらっしゃる忙しいお母さんたちのご利用が目立ちます。お子さんのお薬、粉薬やシロップは、調剤にも比較的時間がかかります。調剤してから監査まで、早くても15分、量が多い時などは30分ほどの時間が必要でした。
若いお母さんたちはまさにスマホ世代。病院で診察が終わったら、スマホで処方せんの写真を撮って送信するだけで、こちらで事前に準備ができるというEPARKの「処方便」サービスは、手軽で利用しやすいと思います。

段階的に全店で導入へ。患者様の評判もよく、業務効率も改善

スマホで手軽に使えるという点が患者様への今後のサービスとしても有効、と上層部が判断し導入が決まりましたが、現場で働く私たちもその効果を実感できています。
当チューリップ薬局は埼玉県内に17店あるのですが、EPARK導入を段階的に進めました。ご利用者様にもご好評いただき、今では全店でご利用いただけます。

きめ細やかな配慮ができる機能も充実

風邪などが多くなる時期は、店頭が混雑し、お薬のできあがり時間が遅くなってしまうことがあります。そのような時は「混み合っているので、1時間後にできあがります」などのお知らせ機能をうまく活用し、患者様の視点に立ったサービスを心掛けていきたいと思っています。そうすれば、買い物をしたり、自宅へ戻られたりするにしても、時間の目安がつけやすく、「処方便」サービスをより便利に活用いただけると思います。

チューリップ薬局 戸田公園店 様

URL http://www.sekiyakuhin.co.jp/

埼玉県全域に17店(本社・埼玉県)
所在地:埼玉県戸田市ほか

<薬局・ドラッグストア>の導入実例を見る

お問い合わせ資料請求